会社沿革

年 代 事 項
1935年 松浦機械製作所を福井市に創設、旋盤の生産・販売開始
1957年 フライス盤の生産・販売開始
1960年 法人に改組、株式会社松浦機械製作所を設立
1961年 電気式プログラム制御自動フライス盤の生産・販売開始
1964年 数値制御自動フライス盤の生産・販売開始、名古屋営業所開設
1968年 現本社工場所在地へ工場移転
1972年 数値制御自動ボール盤生産開始
1974年 立形マシニングセンタ生産・販売開始
1975年 立形マシニングセンタ米国ヘ輸出開始
1981年 超高速マシニングセンタの生産・販売開始
2軸立形マシニングセンタ生産・販売開始
1983年 横形マシニングセンタ生産・販売開始
1985年 武生工場(アイ・エム・エヌ株式会社)新設
1993年 マシニングセンタ出荷累計10,000台達成
1994年 ISO9001取得(品質マネジメントシステム)
1998年 ISO14001取得(環境管理マネジメントシステム)
1999年 リニアモータ搭載超高速高精度立形リニアモータマシンの生産・販売開始
2000年 OHSAS18001(労働安全衛生衛生マネンジメントシステム) 取得
2001年 マシニングセンタ出荷累計15,000台達成
2002年 米国MMTS株式会社設立
金属光造形複合加工機の開発
2003年 金属光造形複合加工機の生産・販売開始
プログラム制御立フライス盤「SB-I型」が「第5回歴史的価値のある工作機械の顕彰・ベストテクニカル賞」受賞
2004年 金属光造形複合加工機「M-PHOTON25C」が「第33回日本 産業技術大賞・文部科学大臣賞」受賞
2005年 5軸制御立形マシニングセンタ「MAM72-63V」が「第35回機械工業デザイン賞/日本商工会議所会頭賞」を受賞
2006年 経済産業省が発刊した「元気なモノ作り中小企業300社」にマツウラも選定される
5軸複合マシニングセンタ「CUBLEX-25」が「第36回機械工業デザイン賞/日本商工会議所会頭賞」を受賞
2007年

製品マークとして MAXIA を発表

金属光造形複合加工機「LUMEX Avance-25」が「第37回機械工業デザイン賞/日本商工会議所会頭賞」を受賞

2008年 横形マシニングセンタ「H.Plus-300」が「第38回機械工業デザイン賞/日本商工会議所会頭賞」を受賞
2009年 5軸複合マシニングセンタ「CUBLEX-63」を開発
2010年 5軸制御立形マシニングセンタ「MX-520」を開発
5軸制御横形マシニングセンタ「MAM72-100H」を開発
2011年 リニアモータシリーズ4機種を同時発表
 ・ハイグレードリニアモータマシン「LX-160」
 ・ハイプレシジョンリニアモータマシン「LF-160」「LV-500」
 ・ハイスピードリニアモータマシン「LS-160」
2012年 立形マシニングセンタ「VX-1000/VX-1500」を発表
2013年 5軸制御立形マシニングセンタ「MX-850」を開発
米国にMatsuura Machinery USA Inc. 設立
2014年 経済産業省が進める「金属3Dプリンタの国家プロジェクト」(TRAFAM)にマツウラが参画
2015年 横形マシニングセンタ「H.Plus-400/H.Plus-500」を発表
マシニングセンタ出荷累計20,000台達成
品質工学会より第2回「田口賞」受賞

ページトップへ▲