LUMEXフェア

LUMEXフェア【開催日2017年8月29日(火)9:00~】会場:東京フォーラムセンター

このたび弊社では、ハイブリッド金属3Dプリンタの販売促進拠点及びショールームである東京フォーラムセンターにて『LUMEXフェア』を開催致します。

今回のフェアでは、さらに高速化し造形時間や切削時間が短縮した、新世代金属3Dプリンタ『NEW LUMEX』の実機展示をいたします、 高機能CAV・COR金型で実現する高品質・ハイサイクル成形や、医療・航空機用高機能部品製作のソリューションなどを展示してお待ちしております。 また、大型化に対応したLUMEX Avance-60のパネル・映像展示、LUMEX専用CAMのLUMEX CAM 2016も実演展示します。 是非、お客様の目で新しいモノづくりをじっくりと御確認下さい。

万障お繰り合わせの上、是非ともご来場賜りたく、ここにご案内申し上げます。

2017年度予定

2017年8月29(火)
9:00 - 17:00

>> 詳細はこちら (PDF) <<

会場 : マツウラ 東京フォーラムセンター
(東京都大田区南六郷1-26-13)
会場へのアクセスはこちら
セミナー開催(1日2回開催)

LUMEXソリューションの紹介

 時間開催場所
1回目10:00~10:302Fセミナー室
2回目14:00~14:30

※詳細は、お近くの営業所までお問合せ願います。

NEW LUMEX

NEW LUMEX

LUMEX CAM

LUMEX CAM 2016は、金属3Dプリンタ『LUMEX』専用のCAMソフトウェアです。 『LUMEX』の「金属光造形」と「切削加工」の造形・切削パスを容易に作成できます。 更に、シミュレーション機能で加工前チェックが可能です。

簡単操作

LUMEX CAM 2016はCAD機能を実装しています。CAD機能画面でモデルをインポートして、CAMの初期設定を行う事で、直接CAM機能画面を起動できます。

切削パス

等高線加工、オフセット加工、走査線加工の切削パスが生成可能です。また、削り残し工程を選択して小径ボールエンドミルで削り残し部位のみに効率的な切削パスを作成します。 切削パスは構成点、方向矢印、切削工程毎に色分け表示が可能です。

造形パス

マツウラ提供の造形テンプレートを読み込むだけで造形パスの作成が可能です。金属光造形に必要な造形区分毎の造形条件(造形セルサイズ、セル順序、走査線方向)の変更も可能です。

バックテーパ形状の切削加工

専用工具でバックテーパ部の切削加工が可能です。

東京フォーラムセンターへのアクセス

〒144-0045 東京都大田区南六郷1丁目26-13
TEL : (03)5703-7030 / FAX : (03)5703-7570

Google Mapで見る

お問い合わせ

株式会社 松浦機械製作所
〒910-8530 福井県福井市漆原町1-1
TEL : (0776)56-8105 FAX : (0776)56-8151
mail: lumex@matsuura.co.jp

ページトップへ▲