No.39 福井県出身の社長さん、日本一 1989(平成元)年3月号掲載


 福井は日本のドマン中!「日本のヘソ福井」第39回目は、「福井県出身の社長さんは日本一」というおはなし。

 これは全国で109万件(事業所データを含む)の企業情報をファイルしている、帝国データバンク社の 「帝国データバンク・コスモス2」から、上場会社を含めた79万1362社を対象に調べたもので明らかになったものです。
この中で出身地別社長数ランキング項に、人口10万人当りの社長数は福井県が1268人(63年末調査)と、 この項目の調査を始めた57年以降7年連続首位を堅持されています。
以下2位が山梨県の1185人、徳島県989人、長野県969人、富山県929人、新潟県914人となりこの順位は前年と変わっていないこともわかりました。
社長数の絶対数では東京都が第1位、北海道が第2位となっていますが、人口10万人当りでは福井県人が 連続首位を独占していることは、福井県人の県民性を表現しているものと思います。

 東京から3.5時間、大阪から2時間たらず、名古屋からも2時間の位置にある、わが福井。
日本列島の弓なりになった丁度その中心点に位置する、この福井が日本一の社長を輩出したものと思います。
福井は日本のドマン中!と大いに声を高めるのも、ムベなるかな---ですね。