No.55 品質今昔物語 1991(平成3)年9月号掲載


 欧米の市場に向けてマツウラがビジネスを始めたのは、今から約20年ほど前。
当時は自動車にしろ家電にしろ「アメリカで売れれば日本は勿論、世界中で売れる」 といわれていたものでした。
ところで先日、アメリカはナショナル・マシナリー社(NM社)のポール社長から私に 国際電話が入りました。
「アメリカの工作機械などの市場は大変悪いが、松浦さんにうれしいニュースがあるんだ。
NM社の取引銀行のボスがね、君の会社は日本市場で売れる商品づくりが成功したとみえ、 日本への販売が増えていると聞いているが、当行はそんな会社には積極的に融資を すすめるので、これからも大いに頑張ってほしい---と。
また、NMのドイツ会社の取引銀行でも同じようなことをいわれたよ。
日本市場で売れているなら心配ない、応分に融資協力するよとね、松浦さん、これからも私は 日本市場にマトを絞ってやるから、ぜひ応援してくれ---」要旨はこういうものでした。

 マツウラとNM社とのご縁は、武生にあった同社日本法人、日本ナショナル機械株式会社を 1985年春に引き受けた時からです。
それから6年たった今日まで、日本の企業経営や人事、財務の考え方、商品開発や技術の問題、 さらには工場運営に至るまで、トップ同士の真剣な交流が始まったのです。
欧米とは違う、日本のユーザーニーズも正確に知らせました。
そんな中から米国の鍛造機械メーカーの名門、NM社は大きく方向転換をはじめ、従来の習慣 や技術にこだわることなく、経営の合理化と日本市場にマッチした商品開発をはかるように なりました。
マツウラも日本の工作機械メーカーとして、微力ながら合弁の販売会社を設立し、日本市場 の販売促進を手伝っています。

 米や独の銀行が言った言葉「日本で売れれば世界で売れる」は、20年前に私達が常識と 思っていた言葉とは、まるで逆になってしまいました。
だとすれば、日本は世界の潮流のドマん中に立っている、そんな気がします。
今こそ私達は日本のもっている技術や文化、そして市場を世界共通の財産として、 もっと積極的に解放すべき時だと思うのですが---。