No.94 好機到来 1998(平成10)年3月号掲載


 最近の日本は何か自信を無くし、ダッチロール状態に入った感じがしています。
それは、昨年夏からの個人消費の低迷が見られ、ますます先行き不透明感が出ており、 一段とデフレ傾向を強めている様に思うからです。

 その中で輸出を主としている製造業は好調に推移しており、その上円安も追い風になり、 着実に業績を伸ばし、「物作り日本」の元気印となっています。
我が業界も、我が国の自動車産業とエレクトロニクス産業が徹底した「質の向上」と「自動化」を 要求、それにたゆまず対応してきた事が、品質・性能でも世界のトップレベルの評価を 得ることが出来ました。
さらに海外市場を積極的に開拓し、市場のグローバル化を武器に安定度を一段と高めました。

 しかし最近のグローバリズム想像以上のスピードで進んでいます。
我が国の製造業も今迄のようなやり方では時を経ずして、他国の製造業から キャッチアップされるのは時間の問題と思われます。
高コスト体質のままでは、生き残ることは出来ないでしょう。
幸いに、世界中が地球単一市場に生き残るべく、大競争が始まっており、 過去の技術やシステムに決別し、変化とスピードへの対応を進めており、その意味では我が国にも、 チャンスが多いにあります。

 その上、昨年末、京都で開催された環境に関する国際会議は、環境が如何に大切かを、 日本人に自然に意識を定着させました。
この認識こそ21世紀の技術にとって追い風となり、世界市場の中で逸早く環境対応商品を開発し、 育ててくれる事になりましょう。
そしてこれらの企業努力は、必ずや未来技術を成長させる原動力になると思います。
この事は我が国よりも、昨年末訪問した台湾の製造業の方々が、次世代も日本をモデルにして 進む積もりですから頑張って下さいと言われた事でも頷けます。

 今や「省資源」「環境」そして「安全」というキーワードをベースに、 過去の技術やシステムとは異なり、新しい方向で如何なる困難も乗り越え、 これらに対応した技術開発をめざし、地球規模での貢献を目指し実現しなければならないと思います。
今こそ私達が新しい認識で頑張る、絶好の機会到来。
志を高く勇気をもって、たゆまず努力を前進する事が私達の使命と思います。