マツウラについて

数字で見るマツウラ

数字で見るマツウラ

数字で見るマツウラ

マツウラのモノづくりとビジネス展開を
わかりやすく数字でご紹介いたします。

おかげさまで85年

1935年、福井市に創設、旋盤の生産・販売からスタートし、今年で85周年。「人のやらないことをやる」を信念に今後もマツウラらしい独創性あふれる製品を世に送り出していきます。

おかげさまで85年

関連コンテンツ

海外輸出比率70%

マツウラで生産される工作機械の70%が海外へ輸出されています。ヨーロッパやアメリカなど海外の多くのユーザに支持され続けています。

海外輸出比率70%

関連コンテンツ

5軸のマツウラ78%

マツウラが販売する工作機械の78%(2019年度成約比率)が5軸制御マシニングセンタです。
(日工会のマシニングセンタ受注額のうち5軸マシニングセンタの割合は26%)

5軸のマツウラ78%

関連コンテンツ

5軸シェア10.2%

5軸のマツウラとして、日本国内から販売されている5軸立形マシニングセンタの受注総額10.2%のシェアを獲得しています。
(日本工作機械工業会:工作機械機種別販売額より)

5軸シェア10.2%

関連コンテンツ

連続自動化運転1991年

1991年に工作機械の自動化をさらに推し進めた「MAM72シリーズ」を発売。5軸+マルチパレットシステムにより週末72時間(金/土/日)無人化運転対応をコンセプトに開発。無人化・多品種少量生産を実現。

連続自動化運転1991年

関連コンテンツ

次世代のモノづくり2002年

世界初ハイブリッド金属3DプリンタLUMEXシリーズを2002年に開発。レーザによる積層と切削加工を組み合わせた工作機械メーカならではの独創的な金属3Dプリンタです。

連続自動化運転1991年

関連コンテンツ

数字で見るマツウラ – 株式会社松浦機械製作所

Page TOP