製品紹介

VERICUT

VERICUT

VERICUT

「ベリカット」を使えば、NCプログラムを実機にかける前にコンピューター上で加工のシミュレーションを行い、問題を事前に検出することができます。機械部品、治具、工具の破損や機械のクラッシュを未然に防ぎ、人手による段取り時間を軽減します。
また、オプティパス(最適化オプション)は、送り速度を自動的に修正してNCプログラムを改善します。
サイクルタイムを短縮し、加工効率を向上させます。
更に、ベリカットはインプロセスモデル(切削過程のソリッドモデル)を利用した精確な測定機能、インスペクション(検査シートの作成)など、多くの便利な機能も提供しています。

ベリカットの構成

ベリカットは『ベリフィケーション(基本モジュール)』を基本構成とした下記のオプションモジュールにより構成されています。

ベリフィケーション (基本モジュール)

ベリカット製品の基本的な機能で、他のオプションモジュールを使用するために必要なものです。NCプログラムの検証と各種の加工シミュレーションを行います。
ベリフィケーションには、モデリング、コントローラの設定、IGES/STL等のコンバータ類、バッチ処理を含む、3軸フライスと2軸旋盤をシミュレーションを効率的に検証するために必要なすべてのものが含まれています。

ベリカットは次のようなエラーを検出できます。

不正確で誤って解釈されたデータ

不正確なプログラミング

ツールパスの不正動作

早送り動作による接触

治具や留め具との干渉

工具シャンクやホルダーとの干渉

CAD/CAM やポストプロセッサのバグ

マシンシミュレーション(機械動作)

NC工作機械全体の動作をシミュレーションして干渉チェックを行います。
テーブル、ヘッド、タレット、回転盤、スピンドル、ATC、治具、ワーク(材料)、切削工具、およびあらゆる部品間の干渉が検出されます。
また、各部品間で「干渉を検出する距離」を設定してニアミスをチェックすることもでき、リミットオーバーの検出も可能です。
ベリカットのツールパスレビューのモードでは、一行送りや一行戻しの際の機械の動きまでもシミュレーションできます。

マシンシミュレーションの用途は?

工作機械のクラッシュと部品間のニアミスを回避する

新しい工作機械導入後の立ち上げにかかる時間を短縮する

プログラマやオペレータがNCデータの動作を把握

加工の効率性を評価して改善

工場の安全性向上

より良い段取り指示書の作成

実機を使わずに、プログラマおよびマシンオペレータのトレーニングを実施できる

マルチアクシス (多軸制御)

4軸・5軸以上の機械をシミュレーションします。フライス・穴加工・旋削・研削・複合加工・放電などに対応。
総合3次元干渉チェックは、加工中の材料に対して行われます。これにより、加工プロセス全体を確認したり、ワークと工作機械のエラーを同時にチェックしたりできます。
加工された部品とツールホルダー、ボーリングバー、ツールブロック、タレット、その他のコンポーネント間で発生するエラーが検出できます。

マルチアクシスを使ったシミュレーション

多軸加工 (軸数の上限はありません)

複数の独立した切削ヘッド、アタッチメントの同期動作(2系統、多系統)

オプティパス (最適化)

オプティパスは切削状況と工具の機能に応じてそれぞれの接触箇所に最適な送り速度を自動的に割り当てます。
浅い切削や条件の良いところでは送り速度を速くし、工具に対する負荷が高いところでは遅くします。
加工経路を変更することなく最適な送り速度を新しいNCデータに書き込みます。

オプティパスの効果

サイクルタイム短縮による加工の効率アップ

生産性向上とコストの削減

加工の品質向上

工具の磨耗を減らし、寿命を延ばす

工作機械の耐用年数を延ばす

現場で送りを調整する時間と労力を節減

オートディフ (比較検査)

切削したモデルと3D-CADで設計したモデルを比較して削り過ぎや削り残しを検出します。

製品が実際に加工されるまで、そのデータは多くの会社間、部署間、CAD/CAMシステム、プログラマ、エンジニアを通過します。このオプションを使えば、製造プロセスに関わる人の誰もが、間違って切削した箇所を見つけることができます。
また、オートディフ(比較)は、デザイン上の弱点や間違いを見つけるのにも使われます。
予めワーク(材料)の内部に設計モデルを埋め込んで、シミュレーションしながら削り過ぎをチェックすることもできます。

モデルエクスポート (CADモデル出力)

NCプログラムで加工中のどの段階でも、切削形状をCADモデルとして出力できます。
CGTech 独自のアルゴリズムがファイルのサイズを最小化する一方、穴やフィレット、コーナー半径、ポケットのフロアや壁といった加工部品を保持します。
その結果、高い精度を誇る「まるで加工されたような」モデルができます。

モデルエクスポートの活用法

古いAPTやNC データプログラムを活用してCADモデルを作成

インプロセスモデルを使って、複数のセットアップや段階的機械加工の計画を改善

「まるで加工されたような」モデルをCADシステムに戻し、リバースエンジニアリングに活用

NCマシンプロービング (機上計測)

加工途中のワークをタッチプローブで検査する機上計測をシミュレーションします。
プローブ形状の定義、接触停止した座標の記録などの機能が追加されます。
べリカットは加工途中の切削モデルに対してプローブ動作の指示を与える事ができるので、プローブ・プログラムの作成に理想的です。
このモジュールの機能により、以下の作業をしてもプローブが壊れたり機械がクラッシュしないことを確認できます。

材料や治具の位置決めとオフセットの調整

バリエーションのある材料の測定と調整

材料と治具の構成、もしくは機械上の部品番号を識別

工具または治具のオフセットの測定と調整

工具の破損検知・重要な加工部品の検査

メーカーサイト・お問合せ

ベリカットでは、多彩なCAD/CAM インターフェイスを提供しています。
さらに詳しい情報はメーカーサイトからどうぞ。

VERICUT 公式サイト / 株式会社CGTech

マツウラへのお問合せはこちらからどうぞ。

VERICUT – 株式会社松浦機械製作所

Page TOP