GibbsCAM

Option オプション

高速3D荒加工モジュール(VoluMill Solids)

VoluMill Solidsは3次元の荒加工をサポートするGibbsCAMのオプションモジュールです。
パワフルな計算手法は理想的な加工条件設定、高い主軸回転数・送り速度での加工を実現します。
VoluMillのUHPT(Ultra High Performance Toolpath)は素材の除去率を最大化し工具負荷を一定に保ちます。
これにより加工時間を軽減し工具寿命を延ばします。
シート、ソリッド、ファセットボディに対してツールパスを作成することができ、複数の島、テーパー、様々なポケット深さ、そして様々な島高さに対応しています。
2次元形状をサポートするVoluMill WireFrameは標準モジュールです。

 

 

VoluMill Solids(3D) シート、ソリッドモデルにより加工領域を指示

詳細はこちらから

Option

Solids Import (Mill、Turningに適応)

ページトップへ▲

Advanced CS (4-5軸割り出し加工)

4・5軸マシンでの多面割り出し加工モジュールです。簡単な4・5軸のセットアップにより、各加工面の自動座標系計算を行い、ワンチャッキングでの削りだし加工に大変有効です。
(画像はSolid Importと併用)

 

ページトップへ▲

Rotary Mill( 回転軸同時加工)

回転軸と直線軸を同時に制御して、円筒面にポケット加工やカム加工を行なうモジュールです。

ページトップへ▲

4-Axis

Rotary Millのアドバンス版モジュールで、加工対象をワイヤーフレームからソリッドまで拡張しました。

円筒状のポケット加工1

円筒状のポケット加工2

カム形状の外輪加工

ツールベクトル補正は2種類の選択が可能

ページトップへ▲

5-Axis Porting(5軸ポート加工)

5-Axis Portingは5軸ポート加工専用のオプションモジュールです。1つのオペレーションでポート形状の両側を加工できます。
この機能は5-Axisモジュールが必要になります。

ページトップへ▲

5-Axis MultiBlade LevelⅠ・Ⅱ(5軸マルチブレード加工)

インペラやブリスクなどに適した5軸マルチブレード加工専用のオプションモジュールです。標準版のMultiBlade LevelⅠ、高機能版のMultiBlade LevelⅡがあります。 MultiBlade LevelⅠは5-Axisモジュール、MultiBlade LevelⅡはMultiBlade LevelⅠモジュールが必要になります。

マルチブレード荒加工






ハブ仕上げ加工

MultiBlade LevelⅠ

●荒削り加工
●ブレード仕上げ加工
●ハブ仕上げ加工

MultiBlade LevelⅡ(LevelⅠの機能含む)

●フィレット仕上げ加工
●ストック定義
●残部認識
●スムージング
●トリミング

ページトップへ▲

Machine Simulation(マシンシュミレーション)

マシンシミュレーションはGibbsCAMの標準レンダリングを補う3次元描写ツールで機械構造を含めたトータルチェックを可能にします。
このオプションは機械を描写するためのモデルを作成する為のツールとなるマシンビルダーが含まれています。
この機能は最低でもソリッドを保有できるモジュールが必要になります。(Solid Import、2.5D Solid、Solid urfacer)

ページトップへ▲

TMS(トゥームストマネージメントシステム)

イケールを使用してのワーク多数個加工設定を簡単に行い、最適化されたGコードを出力する為のオプションモジュールです。この機能はマシンシミュレーションと専用ポストプロセッサが必要となります。

ページトップへ▲

Wire-EDM( ワイヤ放電加工機用)

2軸(上下同形状)、2.5軸(テーパー加工)はもちろんの事、4軸を使った上下異形状の加工も可能です。開図形でのテーパー加工にも対応。また、上下異形状での輪郭に同期点の追加も可能。標準ポストは、FANUC、三菱、Sodick、Agie、Charmillesなどに対応。

ページトップへ▲

Network License

任意数のGibbsCAMを、ネットワーク上のクライアントコンピュータで利用できるオプションです。サーバーでライセンス管理を行なうので、ライセンス毎に必要なプロテクトキーが一個に集約されます。

ページトップへ▲

Post Processors(ポストプロセッサ)

お持ちの機械に完全フィットしたポストプロセッサを作成します。よって、現場での修正は一切不要です。また、プログラム中に各種コメントが自動挿入できるので、加工時の確認が簡単に行なえます。

ページトップへ▲

Cut DATA(切削条件データ)

ページトップへ▲