No.52 足羽山 1991(平成3)年5月号掲載


 福井は日本のドマン中!「日本のヘソ福井」第52回目は、山全体が公園化されている福井市民 のオアシス「足羽(あすわ)山」のおはなし。

 福井市の南南西にある高さ117mの足羽山は、福井駅から歩いて20分たらずの福井市民のオアシス。
福井市街地にあって福井を知るためのの施設や名所や自然がいっぱいの足羽山は、桜やつつじ、 あじさいの名所であるほか、「日本書紀によれば26代目の天皇である継体天皇が福井出身である−−」 といわれている、三頭身の継体天皇像が建立してもいます。
また郷土自然博物館や郷土歴史博物館があるし、フイールドアスレチックなどもある 足羽山公園遊園地は、ミニ動物園もあって家族連れなどでいつも賑わっています。
山頂から福井市街が一望できるほか、展望台からは福井平野はもちろんのこと、天気の良い日 には遠く白山連峰の山々を見渡すことができます。

 4月初旬のさくらは日本の桜名所100選に選ばれているほか、5月にはつつじが咲き乱れ、初夏 の6月にはあじさいが咲き、散策と福井を知るには絶好のところ。
そして、「なぜ福井から天皇が」と思わせる不思議さも、わが故郷である福井ならではの 話題でありましょう。

 日本のヘソ福井の、少々デッパッテいる「足羽山」はさしずめ、日本のヘソ福井の「デベソ」 的な存在でもあります。
日本のヘソ福井の地をお訪ねの節には、一度ぜひ日本のヘソのデベソを、ご覧になられることを 特に推奨申し上げる次第です。