No.169 ミネソタ州 2013(平成25)年4月号掲載


 マツウラでは、2013 年4 月1日からミネソタ州セントポール市にある100%子会社マツウラマシナリーUSA Inc.(以下MMU)が米国総輸入元となりました。そこで今回はミネソタ州についてご紹介致します。

 ミネソタ州は、米国中西部の北端に位置し北はカナダと接しています。州の人口は約530 万人ほどで、ドイツ系、北欧系、イギリス系移民が90%を占めており、その人口の60%が州都セントポール市とミシシッピ川を挟んだお隣のミネアポリス市の都市圏に集中しています。この両市を通称" ツイン・シティーズ" と呼び大リーグのミネソタツインズの名前の由来にもなっています。都市圏の人口で言えば全米で第15 位の都市になります。州で一番高い地点がイーグル山(701m)、一番低い所が五大湖の1 つのスペリオール湖(183m)で高低差が少なく基本的には平原の州と言えます。 

 また大陸性気候に属し年間の気温差が大きい州で、都市部でも冬のマイナス20 度から夏の30 度までと寒暖の差があります。特に冬場は寒く、州の西部に行くとマイナス40 度になることもあって「アメリカの冷蔵庫」という別名まであるそうです。  

 一方で、「1万湖の国」とも呼ばれ、州内には多くの湖があり国民一人当たりのボート所有率が全米一だそうです。世帯収入も比較的高く全米で10 位付近にあり、治安も安定しています。産業界の代表的な企業では、3M(化学)、メドトロニック(医療機器)、カーギル(穀物メジャー)、ターゲット(ディスカウントチェーン)等の本社があります。4大プロスポーツもMLB(野球)ツインズ、NBA(バスケット)ティンバーウルヴス、NFL(アメフト)ヴァイキングス、NHL(アイスホッケー)ワイルズと全て揃っており1 年を通して地元チームを応援できます。  

 ざっとミネソタ州のご紹介ですが、自然が豊富で先端的な産業もしっかりと根付いている土地柄はマツウラにとても合っていると思っております。ここを拠点に我々の米国事業を着実に進めて参りますので、皆様の格別なるご支援を宜しくお願い申し上げます。