No.16 越前おろしそば 1985(昭和60)年5月号掲載


 福井は日本のドマン中!第16回目「日本のヘソ福井」は日本一おいしい「越前そば」のおハナシ――。

 福井のそばといえば「おろしそば」をさしています。
おろしそばは青首の大根をおろして薄味でタップリ掛けたのが、何ともいえない醍醐味。
この越前おろしそばは慶長6年(1601年)武生藩主、本多富政公が非常用としたからだ・・・ との説が強く、福井市では天保8年(1837年)に創業した三本木清吉の「みついや」が はやく明治末からところどころに広がっていったとか。
「福井のおろしそば、アリャうまいぞ」といった宇野重吉さん、「こたえられないね」と詩人、 中野重治さん。
そばの良否は、緯度と関係が深いようで北緯36度〜38度線の位置にある福井の適地が証明され、 また地理的条件が「越前おろしそば」の長い歴史を作ってきたとか。
物はためし、福井の「おろしそば」を試食されては、いかがでしょう。
きっと「越前おろしそば」のおいしさの虜になることでしょう。